五十肩の最新治療法(サイレント・マニピュレーション)

6/5月曜日に、五十肩の最新治療法(サイレント・マニピュレーション)を受けてきた。
知人があんまり勧めるるので、やってみることにした。
症状は、1月中旬にジョギングに行こうとして、200mくらいで左腕の激痛で腕が触れないため、ジョギング断念。
3日ほどあとにも、同じ症状に見舞われる。2月下旬のマスターズ駅伝に人数が足りないので出走しないといけないのに・・。
左腕の振りを小さくして、ごまかして走るとなんとか走れるようにはなった。
だけど普段も顔洗うのは、ほとんど右手だけ。2月下旬頃には、左手が挙がるのは、頑張って、前方へ90度。食事中に茶碗を持つのもだるくて痛い。
最初は、肩こりかと思ったがひどい。低周波とかで毎日やっていたけど改善なし。
3月中旬から、接骨院へ通院始めた。
よく、ここまで放置してましたね?と言われたが、マッサージ、はりとかには4回くらい言っているが、ほぼ改善なし。
治療(電気治療・超音波・リハビリ)を始めて、1ヶ月くらいである程度は動き始めた。だが、前方へ上がるのは、60度から70度くらい。
まっすぐ上がらない。前方へ90度肘を曲げたままで、脇を閉じて横へ10度くらいしか動かない。5月も終わりくらいになっても、ほんの少しずつは良くなってるのかな?と思える程度で、左手で頭の上まで手を持っていって、頭部の右側までは手が回らない。
真上に手が上がらないので、公園の鉄棒とかまで手が届かない。
6/5 14:00 三世ペインクリニック(松山市桑原)で、治療してもらった。
肩に1カ所、首の付け根あたりに2カ所注射をした。エコーで見ながら、先生は注射をしていた。腕の神経を3時間程度麻痺させるようだ。
注射後、15分くらいで腕が動かなくなる。指はわずかに動かせた。
痛みがないので、動かなかったところまで先生が動かしていくと、癒着していたところがバキバキ音を立てながら、外れていったような感じだ。
寝たままだが、真上まで腕も動いていた。後ろへ手を回すのは肩甲骨の下の方の高さまで上がっていた。すごい!!腰までしか回せてなかったのに。
その後、リハビリの看護師さんが1時間くらいリハビリをしてくれていた。
鎖骨の下あたり、大胸筋と上腕二頭筋がかなり引っ張っているような感じがした。16:30位にはリハビリも終わり、片手運転で車を運転して帰った。
2時間ほどは、三角巾で腕をつっていた。
結果、まだほんの少し痛みがあるものの、真上に手は上がり部屋の入り口の上の桟の部分を握って、まっすぐ伸ばせる。シャンプーも左手で、右の方まで手を回せる。すごい。
まだ愛媛県では、この病院しかやっていないようだ。先生が全国でもう受けることができる方法ですが、愛媛ではここだけですと言っていた。
ネットで調べると最新治療法のようだ。もっと早く行っとけば、痛い時間が少なくてすんだのに・・・。調べていると50肩は、痛みが出て1週間くらいで癒着をするようだ。ひどくない人は、接骨院とかでも十分治せると思うが、この方法が、早く痛み無く治せるかな。接骨院のリハビリは、痛い。痛いところまで動かしていくので、痛いし少しずつしか改善しない。
サイレント・マニピュレーションなら、痛くもなくその日に動き始める。
少し痛みがあるが動かせるのが、何日で痛み無く動かせるようになるかは後日報告を。

五十肩の最新治療法(サイレント・マニピュレーション)” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です